日本高野連は16日、第89回選抜高校野球大会(来年3月19日から12日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、富山県高野連が推薦した富山東が初めて北信越代表に選ばれた。県代表が北信越代表となるのは2008年大会の富山中部以来で、21世紀枠に選ばれたことはまだない。北信越からは過去に、03年の柏崎(新潟)、06年の金沢桜丘、11年の佐渡(新潟)の3校が選ばれている。

 出場3校は一般選考の29校(神宮大会枠を含む)とともに来年1月27日の選考委員会で決まる。東(北信越、東海以東)と西(近畿以西)に分けて1校ずつを選び、残り7校から3校目を選出する。

 富山東は今年の秋季県大会で準優...    
<記事全文を読む>