日本高野連は16日、第89回選抜高校野球大会(来年3月19日から12日間・甲子園)の21世紀枠候補9校を発表し、東北地区代表に本県から選手10人の不来方が選ばれた。県勢の候補校選出は昨年の釜石に続き2年連続となった。

 ほかには1977年に部員12人ながら準優勝し「二十四の瞳」と呼ばれた中村(四国=高知)、部員10人の洛星(近畿=京都)などが選ばれた。出場3校は一般選考の29校(神宮大会枠を含む)とともに来年1月27日の選考委員会で決まる。東(北信越、東海以東)と西(近畿以西)に分けて1校ずつ、残り7校から3校目を選出する。

 富良野(北海道)石橋(関東・東京=栃木)富山東(北信越...    
<記事全文を読む>