来春の第89回選抜高校野球大会の21世紀枠で東北地区推薦校に選ばれた不来方(平藤淳校長、生徒827人)は22日、矢巾町の同校で県高野連(会長・真岩一夫盛岡工校長)から表彰を受けた。

 全校生徒が見守る中、真岩会長は「東北地区推薦は部員不足に悩む学校へ大きな夢と勇気を与えた。出場が決定したわけではなく、浮かれず真摯(しんし)に練習に取り組んでほしい」と激励。大会を主催する毎日新聞社の柿沼秀行盛岡支局長が野球部の小比類巻圭汰主将(2年)に表彰盾を手渡した。

 小比類巻主将は「(選手)10人を言い訳にせず、できることを一生懸命やってきたのが評価されたと思う。今まで通り練習を積み重ねていき...    
<記事全文を読む>