勝ち続けたから説得力がある 松永 2007年に興南高校に監督として戻ってきましたが。栽イズムは意識しましたか。

 我喜屋 まったく違う社会人にいたのでしなかった。栽さんは小禄、豊見城、沖縄水産と常に表街道を歩いている。その裏は知るよしもないけれど、いろいろな経験をされたと思う。その先にあるのは野球、指導者としての苦悩ではないか。人は表しか見ないじゃないですか。表以外の根っこが、栽さんにはあるような気がするんです。根っこの部分のほうがあの人の生き方だったのでは。

 松永 大野さんが「栽先生は隙がある人だ、その隙が魅力だ」と言っていた。

 大野 グラウンドだけでない裏も見て育ってきたので。...    
<記事全文を読む>