県高校野球連盟の強化招待試合最終日は20日、富山市民球場で行われた。秋季県大会2位の富山東と同3位の富山第一の両校が智弁学園(奈良)と対戦し、富山東は0-9、富山第一は4-5でそれぞれ敗れた。

 富山東は一回に四死球から適時打を浴びるなど3失点すると、三回にも暴投で失点した。荒天のため約40分間、試合が中断し、再開後の四回に2失点、五回にも3点を奪われ大敗した。打線も振るわず、2安打に終わった。

 富山第一は二回に本塁打などで5点を失ったものの、その後はエース森が安定した投球を見せた。五回に一挙4得点し追い上げたが、あと一歩及ばなかった。富山東  00000=0  30123=9智...    
<記事全文を読む>