神奈川代表として今夏、甲子園に出場した横浜高校の3年生のお別れ会が27日、長浜グラウンド(横浜市金沢区)で行われ、平田徹監督(33)を交えた紅白戦で選手らは3年間最後のプレーを楽しんだ。

 3年生一人一人の別れの言葉では、前主将の公家響さんが「ここで出会えた仲間は本当に宝」とあいさつ。楽天ゴールデンイーグルスに入団が決まった藤平尚真さんは「横浜高で学んだことをプロで生かす」と決意を語った。

 在校生で現主将の福永奨さんは「3年生のおかげで今の自分たちがある。全員で団結し、2年連続で甲子園に行けるよう頑張っていく」と誓った。

 平田監督は「甲子園に出場させてくれてありがとう。ユニホーム...    
<記事全文を読む>