沼津市の市立沼津高創立70周年を記念した野球の招待試合(同高・中等部創立70周年記念事業実行委主催)が12日、同市の愛鷹球場で開かれた。多くのプロ野球選手を輩出している名門横浜高(横浜市)を対戦相手に迎え、市立沼津ナインが奮闘した。

 2試合を行った。両校ともにレギュラーメンバーで臨んだ1試合目は、沼津が一回裏に3点先制し勢いに乗ったが、五回表に四球が重なり4点を献上した。六回表には横浜の4番万波中正選手に満塁本塁打を打たれ、追加点を許した。沼津は九回裏に2点を返す粘りを見せたが10―5で敗れた。

 市立沼津の野球部は開校の2年後に創部し、これまで春夏1回ずつ甲子園に出場している。...    
<記事全文を読む>