秋季中国地区高校野球大会は5日、宇部市のユーピーアールスタジアムで準決勝2試合があった。山口県勢で唯一勝ち残っていた宇部鴻城が創志学園(岡山)に競り勝って決勝に進出。大会は来春の選抜高校野球大会の出場校を決める上で重要な参考資料となり、宇部鴻城は2015年以来2年ぶり3回目のセンバツ出場をほぼ確実にした。 宇部鴻城は準決勝で、初回に1点を先行されたが、六回に6番・打田啓将選手、8番・立石佳紀選手の適時打などで3点を奪って逆転。主戦の早稲田玲生投手が2失点完投で勝利した。尾崎公彦監督は「1点を争う勝負になると思っていたので、理想通りのゲームができた。1年生が好機でよく打ってく...    
<記事全文を読む>