高校野球の第66回県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)最終日は8日、コザしんきんスタジアムで午後1時から美来工科-興南の決勝を行う。第1シードの美来工は、前身の中部工業時代を含めて初の決勝進出で初優勝を狙う。ノーシードから勝ち上がった興南は6年ぶり9度目の優勝を目指す。

 チーム打率3割7分8厘と強打の美来工か、3試合1点差勝ちと試合巧者の興南か。61チームの頂点を決める一戦に臨む両チームを紹介する。(大門雅子)<美来工科>好球必打 少ない三振 美来工科はここまで4試合のうち3試合で2桁安打を放ち、チーム打率3割7分8厘と振れている。フルスイングが代...    
<記事全文を読む>