秋季四国地区高校野球県大会は9日、坊っちゃんスタジアムなど2球場で1回戦4試合を行った。

 今夏の県大会覇者、松山聖陵は今治北に快勝。昨秋王者の今治西は三瓶に大差で勝利した。丹原は伊予との投手戦を制し、松山工は今北大三島を七回コールドゲームで破った。

 大会第3日の10日は坊っちゃんスタジアムと西条ひうち球場で準々決勝4試合を行う。

...    
<記事全文を読む>