秋の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)最終日は2日、倉敷マスカットスタジアムで決勝と3位決定戦があり、決勝は関西が玉島商を3―0で下し、4年ぶり16度目の優勝を飾った。3位決定戦は創志学園が商大付に8―0で大勝し、4年連続5度目の中国大会出場を決めた。

 来春のセンバツの参考資料となる中国大会は5県から16校(開催県の山口は4、他は3校)が出場し、28~30日、11月5、6日に山口県のユーピーアールスタジアムと下関球場で行われる。組み合わせ抽選は21日。

...    
<記事全文を読む>