第69回秋季東海地区高校野球県大会は最終日の30日、松阪球場で決勝があり、海星が菰野を4―2で下して2年連続13回目の優勝を果たした。

 上位3チームが、来春の選抜大会出場チームを決める重要な資料になる東海大会(10月22日開幕・静岡県)に進む。決勝に先立ち行われた3位決定戦は三重が近大高専を8―3で破って2年連続30回目の東海大会進出を決めた。

 東海大会の組み合わせ抽選会は10月11日、名古屋市の愛知県青年会館である。

...    
<記事全文を読む>