秋季県高校野球大会(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)最終日は1日、長良川球場で決勝を行い多治見(東濃1位)が麗澤瑞浪(東濃2位)を10―1で破り、初優勝を飾った。3位決定戦では美濃加茂(中濃・飛騨1位)が益田清風(中濃・飛騨9位)に6―0で勝利し、17年ぶりの東海大会出場を決めた。

 多治見は立ち上がりから麗澤瑞浪のエース伊藤智紀を攻め、13安打10得点で圧倒。先発河地京太は4安打1失点で完投。

 美濃加茂は七回に打者一巡で一挙5点を奪い、突き放した。エース池戸昇太は直球を主体に5安打に抑え、完封した。

 来春の選抜大会の選考資料となる東海大会は11日に名古屋市内で抽選会を行い、22日...    
<記事全文を読む>