日本高野連と全日本大学野球連盟は6日、プロ入りを希望する選手に義務付けた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で216人(大学111人、高校105人)が届け出た。20日のドラフト会議で指名対象となる。今年は大学、高校とも好投手がそろった。

 本県関係では、鈴木将平(静岡高)、加藤脩平(磐田東高)、今村亮(東海大海洋、沼津市立高出)、小林弘郁(愛知東邦大、沼津市立高出)、岩本喜照(九州共立大、常葉菊川高出)が提出した。

 大学生で複数の1位指名が予想されるのは150キロを超す速球が武器の田中正義(創価大)。今春に右肩を痛めたが、秋季リーグで復帰して期待を集める。右投手は佐々...    
<記事全文を読む>