今年の夏、春夏通じて初の甲子園出場を果たした八王子高校(八王子市)が、西東京大会と甲子園での戦いぶりや全野球部員らを紹介する記念誌を発刊した。小山貢校長(60)と安藤徳明監督(55)が30日、市役所を訪れ、200部を寄贈。市は市民が閲覧できるよう、市立図書館や地域の市民センターなどに置く。

 (村松権主麿) 記念誌はA4サイズでカラー刷りの三十二ページ。スター選手はいないが、個々の力を結集する「ありんこ軍団」を掲げたのにちなんで、タイトルは「『ありんこ軍団』悲願の甲子園!」とした。四千部を作製し、甲子園出場に際して寄付をした人の一部や在校生、教員らに配布する。

 誌面では写真を多く...    
<記事全文を読む>