高校野球の第69回秋季関東地区大会県予選は1日、桐生球場で準決勝2試合を行い、健大高崎と前橋育英がともにコールド勝ちで関東大会(22~30日、栃木)への出場を決めた。健大高崎は2年ぶり6度目、前橋育英は2年ぶり8度目の出場となる。大会最終日は2日午前10時から、同球場で決勝を行う。

 ▽準決勝(桐生球場)高経附0000000―0700101×―9健大高崎(七回コールド) ○…健大高崎がコールド勝ち。初回に渡口の中ゴロ、大柿の適時中前打などで一挙7点を先制。四、六回にも得点圏に走者を進め、暴投や一ゴロの間に加点した。5人が投げ、五回以外の6回を全て三人で抑えた。

 高経附は五回に高橋...    
<記事全文を読む>