学法石川は5回以降1安打に抑え込まれ、流れをつかめず鶴岡東(山形第3代表)に2―4で敗れた。学法石川は0―4で迎えた4回2死一、二塁、荒川の左中間を破る適時二塁打で2点を返した。投手陣は、4回途中から登板した尾形が再三のピンチを切り抜け、無失点の好投。味方の反撃を待ったが、打線はつながりを欠き、計11三振を喫するなど相手投手に抑え込まれた。

...    
<記事全文を読む>