来春の選抜大会につながる第69回秋季東北地区高校野球大会は14~19日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたと天童市スポーツセンター野球場で開かれる。優勝争いは、投打のバランスが取れた仙台育英や、勝負強い打線が持ち味の青森山田、地力のある盛岡大付(岩手)と聖光学院(福島)など各県大会の覇者が軸になりそうだ。

 仙台育英は主戦長谷川が県大会4試合に先発し、24回を無失点と好調。140キロ台の直球で押して28三振を奪った。打線は佐川、尾崎、山田らが中心で、チーム打率3割3分6厘と打線に切れ目がない。

 2連覇が懸かる青森山田は県大会準決勝、決勝と打線が終盤に底力を発揮した...    
<記事全文を読む>