秋季全道高校野球第4日は5日、札幌円山、札幌麻生両球場で準々決勝4試合を行い、4強が出そろった。稚内大谷(名寄支部)は鵡川(室蘭支部)を下し、20年ぶりのベスト4進出。遠軽(北見支部)は富良野(旭川支部)に快勝した。昨年の覇者・札第一(札幌支部)は苫中央(室蘭支部)に七回コールド勝ち。札日大高(札幌支部)は滝川西(空知支部)の追い上げをしのいで逃げ切った。6日は休養日。7日に札幌円山球場で準決勝2試合を行う。

...    
<記事全文を読む>