秋季全道高校野球は札幌円山球場で開幕し、1回戦2試合を行った。初出場の双葉(小樽支部)が、中標津(釧根支部)との点の取り合いを制し、春夏も通じて全道初勝利を飾った。札幌支部勢同士の対決となった札第一―札南は、札第一が四回に一挙4点を奪い札南に逆転勝ちした。

 開会式では、遠軽の新山幹太主将が選手宣誓を行った。

...    
<記事全文を読む>