秋季近畿地区高校野球大会第4日は30日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で準々決勝3試合を行ない、第2試合で高田商(奈良2位)は0―7の八回コールドで履正社(大阪2位)に敗れベスト4入りを逃した。

  高田商は三回、四球出塁の山本を、続く竹村、古川の連続犠打で三塁まで送るも、後続なく無得点。六回にも中尾が盗塁、敵失で三塁まで進むが本塁生還はかなわなかった。

...    
<記事全文を読む>