高校野球の秋季東海地区大会第3日は29日、静岡市の草薙球場で準決勝2試合があった。県勢で唯一ベスト4入りしていた三重は静岡に敗れて2強に残ることができず、来年3月の選抜大会出場は厳しくなった。30日の決勝は静岡と至学館(愛知)で争われる。

 東海4県から各県秋季大会の上位3校が出場して22日に静岡県で開幕した。県3位の三重は準決勝で静岡3位の静岡と対戦し、初回から小刻みに得点を奪われた。0―5で迎えた七回2点を返すが、八回に一挙4点を失い、2―9で八回コールド負けを喫した。

 今大会の結果は阪神甲子園球場で来春開かれる選抜大会出場校選考の重要な資料になる。東海地区からは例年2校が選...    
<記事全文を読む>