来春のセンバツにつながる秋の中国高校野球大会は29日、山口県のユーピーアールスタジアムと下関球場で開幕。1回戦4試合があり、4年ぶり4度目出場の玉島商(岡山2位)は米子松蔭(鳥取3位)に2―3で惜敗した。尾道商(広島2位)は華陵(山口4位)に七回コールド負けした。

 玉島商は3点を追う九回に反撃。飼田、中村の適時二塁打で2点を返したが、あと一歩及ばなかった。

 第2日の30日は両球場で創志学園(岡山3位)―益田東(島根1位)、関西(岡山1位)―出雲西(島根3位)など1回戦残り4試合が行われ、8強が出そろう。

 ▽1回戦米子松蔭101100000|3000000002|2玉島商▽三塁打...    
<記事全文を読む>