第69回秋季関東高校野球大会第4日は29日、宇都宮市清原球場で準決勝を行い、県勢で唯一勝ち残っている作新(本県1位)が5-1で高崎健康福祉大高崎(群馬2位)に快勝、5年ぶり8度目の決勝進出を決めた。30日に、38年ぶり5度目の優勝を懸けて東海大市原望洋(千葉1位)と対戦する。

 作新は二回、9番・加藤翼(かとうつばさ)の右前適時打で先制。五回に3番・中島淳(なかじまじゅん)の右犠飛、八回に暴投で1点ずつを加え、九回には1番・鈴木萌斗(すずきもえと)が左越えの2点二塁打を放って突き放した。主戦・大関秀太郎(おおぜきしゅうたろう)は被安打2、1失点と危なげなく、2試合連続で完投した。...    
<記事全文を読む>