山口県のユーピーアールスタジアムと下関球場で28日に開幕する予定だった秋の中国高校野球大会は雨のため開会式だけ行い、玉島商(岡山)の試合を含む1回戦4試合は29日に順延された。

 このうち下関球場の2試合は開始時間が変更され、鳥取城北―立正大淞南(島根)は29日午前10時、玉島商―米子松蔭(鳥取)は同午後0時半から行う。

 第2日(1回戦残り4試合)は30日、第3日(準々決勝4試合)は31日にずれる。以後の日程は変わらず、11月5日に準決勝、同6日に決勝がある。

...    
<記事全文を読む>