第69回秋季関東地区高校野球大会第3日は24日、栃木県総合運動公園野球場などで準々決勝4試合を行い、千葉県1位の東海大市原望洋は山梨学院大付(山梨1位)に5-2で快勝。7年ぶりの4強入りで、来春の選抜大会出場へ大きく前進した。千葉県2位の中央学院は作新学院(栃木1位)に1-9でコールド負けした。

 第4日は29日、宇都宮清原球場で準決勝2試合を行い、東海大市原望洋は午前10時開始の第1試合で前橋育英(群馬1位)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>