高校野球の秋季東海地区大会第2日は23日、静岡・草薙球場などで準々決勝4試合があり、秋の県大会3位の三重と静岡、中京大中京(愛知)、至学館(同)がベスト4入りした。県1位校の海星は静岡に敗れて4強に進めなかった。三重は29日、草薙球場で開催の準決勝で静岡と対戦する。

 三重は準々決勝で静岡1位の聖隷クリストファーを5―3で下した。二回に5点を先制し継投で逃げ切った。

 海星は静岡3位の静岡に1―8の八回コールド負けを喫した。四回に1点先制も五回以降失点を重ねた。

 大会は東海4県から各県秋季大会の上位3校が出場して21日に静岡県で開幕した。決勝は30日の予定で、大会結果は阪神甲子園球...    
<記事全文を読む>