佐賀商が、7本の長打を含む13安打を集めて大分西を圧倒した。三回、右越え三塁打を放った1番山崎が、続く上田の二ゴロの間に生還し先制。四、五、六回に1点ずつ加えると、七回には打者一巡の猛攻で5点を挙げて試合を決めた。投げては木村-永渕の継投で4安打無失点に抑えた。

 大分西は毎回走者を出したが、あと1本が出なかった。■13安打9点で7回コールド発進 4季連続九州大会出場の佐賀商は、打線の13安打の躍動と2投手の粘投で大分第4代表の大分西を寄せつけず好スタートを切った。森田剛史監督は「硬さが見られたが、無失点で守り切ったことは大きい」とねぎらった。

 打線は七回、集中力を見せた。2死か...    
<記事全文を読む>