第135回北信越地区高校野球大会最終日は23日、長野県の松本市野球場で決勝が行われ、福井県代表の福井工大福井(福井3位)が7-1で高岡商(富山1位)を破り、秋季北信越41年ぶりの優勝を果たした。春秋通算4度目。大会は来春の選抜大会(3月19日開幕・阪神甲子園球場)の出場校選考で重要な参考資料になり、福井工大福井の選出はほぼ確実となった。

 決勝の舞台でも、強力打線の勢いはとどまることはなかった。福井工大福井は計10安打で7得点。この日は、下位打線が力を発揮し、大須賀監督は「6~8番がよく打ってくれた」とたたえた。

 二回、川村翔の安打などで1死一、三塁。打席に立った山内貴文は「下位...    
<記事全文を読む>