第2日は残りの1回戦4試合を行い、埼玉県代表で3年連続出場の浦和学院(埼玉1位)と2年連続出場の花咲徳栄(埼玉2位)はそれぞれ敗れ、埼玉県勢は姿を消した。

 浦和学院は横浜(神奈川2位)に2―7で敗れた。先発した左腕佐野の制球が乱れ、打線も10安打を放ちながらも2得点にとどまった。花咲徳栄は慶応(神奈川1位)に1―9で七回コールド負け。綱脇、清水の両右腕が12安打を浴びた。

...    
<記事全文を読む>