第69回秋季関東高校野球大会第2日は23日、栃木県の県総合運動公園野球場などで1回戦4試合を行い、明秀日立(茨城1位)は高崎健康福祉大高崎(群馬2位)に1-8で七回コールド負けを喫した。県勢は2校とも姿を消した。 明秀日立は三回表に押し出しで先制したが、三回裏に5点を失い逆転を許した。四回にも3点を奪われ圧倒された。 第3日は24日、同球場などで準々決勝4試合を行い、来春の選抜高校野球大会出場が濃厚とされる4強が決まる。

...    
<記事全文を読む>