第69回秋季高校野球東海大会は23日、草薙、清水庵原球場で2回戦4試合を行い、静岡(静岡3位)が海星(三重1位)を8―1と八回コールドで下し準決勝進出した。聖隷クリストファー(静岡1位)は三重(三重3位)に3―5で惜敗。藤枝明誠(静岡2位)は中京大中京(愛知1位)に逆転負けを喫した。

 静岡は先制を許したものの五回に逆転に成功し、主戦池谷蒼大が8回を1失点に抑えた。聖隷クリストファーは二回に主戦河合竜誠がつかまり5失点。2点差に迫ったが及ばなかった。藤枝明誠は四回に先行し、主戦久保田蒼布が粘投したが、六回に逆転された。

 大会第3日は29日、草薙球場で準決勝2試合を行う。

 ■23日...    
<記事全文を読む>