高校野球の秋季九州大会(第139回九州大会)は23日、大分県の臼杵市民球場で1回戦が行われ、第1試合の興南は大分商に2―7で敗れた。興南は初回に先制を許すが二回に振り出しに戻した。三回に1点を追加した2―1の五回で、2死一、二塁から、大分商の主軸に2連続本塁打を放たれ4点を加えられた。六、八回にも1点ずつ追加され、逃げ切られた。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>