横浜のエース板川、秋一番の投球 横浜のエース、左腕板川が2失点で完投。この秋一番の投球を見せた。

 計10安打を許し、序盤はピンチの連続。特にリードが6点に広がった四回裏の投球だ。ソロアーチを被弾したあと、3連打で1死満塁を招く。そこから、粘る打者に対しストライク先行を続け、三ゴロ併殺に。

 「いつもは打たせて捕ろうという場面で、今日は三振を取りに行く意識で腕を振れたのがよかった」。結局、得点圏に走者を置いた場面では一度も適時打を与えない粘りの投球で試合を作った。

 次戦は選抜出場の行方を左右する大事な1戦。「地元の友達や保護者に、俺はここまで成長したんだということを見せに来た」。故...    
<記事全文を読む>