第135回北信越地区高校野球大会は22日、長野県松本市野球場で準決勝を行った。第2試合は福井工大福井(福井3位)がシーソーゲームの末、日本航空石川(石川1位)を10―8で下し昨年に続き決勝進出を決めた。福井工大福井は2年連続センバツ出場に大きく前進した。

 日本航空石川 010 001 240…8 421 000 03x…10 福井工大福井 ■日本航空石川 佐渡裕次郎、杉本壮志-山上祐大 ■福井工大福井 摺石達哉、加藤功海、氏家拓海、大槻匠一朗-大上真人 福井工大福井は一回、三塁打で出塁した1番北川智也が、相手守備の乱れでホームに生還した。吉田有哉の適時打などでこの回一挙4点を奪...    
<記事全文を読む>