高校野球の第69回秋季関東大会は22日、県大会を勝ち抜いた7県の代表15校が参加して栃木県で開幕する。神奈川代表2校はいずれも23日の1回戦で埼玉県勢と対戦。8年ぶり10度目の出場となる慶応(神奈川1位)は花咲徳栄(埼玉2位)、2年連続22度目の出場の横浜(神奈川2位)は浦和学院(埼玉1位)が相手だ。

 神奈川勢は過去2年続けて準々決勝までに姿を消し、選抜大会出場を逃している。4強に入れば来春のセンバツ出場が濃厚となる秋の決戦に挑む県勢2校と、相手チームの横顔を紹介する。

 横浜・若き精鋭が一つに 4番万波、エース板川らレギュラー5人が1年生。県内公式戦連勝は30で途切れたが、粗削...    
<記事全文を読む>