2017年春のセンバツ甲子園出場に向けた重要な参考資料となる第69回秋季四国地区高校野球大会が10月22日、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開幕する。第1日は下記の4試合を行い、高知県2位の明徳義塾は徳島北(徳島3位)、高知県3位の岡豊は帝京五(愛媛2位)と対戦する。高知県1位の中村は23日に行われる第2日の準々決勝から登場し、鳴門渦潮(徳島2位)―英明(香川3位)の勝者と戦う。

   明徳と当たる徳島北は2009年夏に甲子園出場を果たしているが、秋季四国大会は初。相手主戦はスライダーが決め球で、明徳打線がどう打ち崩すか。明徳は1、2番が出塁して好機をつくり、西浦、今井らの中...    
<記事全文を読む>