第69回秋季関東高校野球大会は22日、清原球場、県営球場で開幕する。各県予選を勝ち抜いた7県15校が30日まで延べ5日間、来春のセンバツ大会出場を懸け熱戦を繰り広げる。

 県勢の初戦はすべて清原球場が舞台。第1日は2位代表で初出場の石橋が東海大市原望洋(千葉1位)と午前10時半から対戦。第2日の23日は午前9時半から3位代表の白鴎足利が前橋育英(群馬1位)と火花を散らす。1位代表の作新は第3日、24日の2回戦が初戦となり、正午から市川(山梨2位)と中央学院(千葉2位)の勝者と激突する。

 一方、開会式は22日午前9時から清原球場で開かれる。作新の添田真聖(そえだまさと)主将が選手宣...    
<記事全文を読む>