高校野球の来春の選抜大会出場の重要な参考資料となる第69回秋季関東地区大会は、22日に宇都宮市の2球場で開幕し、群馬県予選1位の前橋育英と同2位の健大高崎は23日に初戦に臨む。

 強豪がそろう中、選抜出場を濃厚とする4強入りには2勝が必要となるが、県勢2校も実力は十分で上位進出の期待がかかる。

 前橋育英は午前9時半から宇都宮清原球場で白鴎大足利(栃木3位)と、健大高崎は正午から栃木県総合運動公園野球場で明秀学園日立(茨城1位)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>