第69回秋季東北地区高校野球大会は最終日の19日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で決勝を行い、仙台育英(宮城1)が盛岡大付(岩手1)を6―2で下し、2年ぶり9回目の優勝を果たした。仙台育英は明治神宮大会(11月・神宮球場)に東北地区代表として出場する。

 仙台育英は1点リードで迎えた三回の攻撃で、相手守備の乱れや適時打などで4点を追加。八回には二塁打2本で1点を加えた。守りでは先発左腕の長谷川拓帆が五回まで安打を許さない好投を見せ、八回以降は継投。盛岡大付は後半に反撃に出たが2得点にとどまった。

 今大会に県勢は第1代表で日大山形、第...    
<記事全文を読む>