来春の選抜大会につながる秋季近畿地区高校野球大会は22日、和歌山市の紀三井寺球場で開幕する。近畿地区の一般選考枠6をめぐり、近畿2府4県の16校が上位を目指す。兵庫からは2年ぶりに秋季県大会を制した神戸国際大付、同準優勝で7年連続出場の報徳、同3位で5年ぶりの出場となる育英が挑む。開幕を前に代表3校の戦力と登録メンバーを紹介する。(山本哲志)

...    
<記事全文を読む>