第69回秋季東北地区高校野球大会は第3日の16日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)と天童市スポーツセンター野球場(天童SC)で準々決勝4試合を行った。本県第2代表の酒田南は横手(秋田1)と戦い、6―4で勝利し準決勝に進出した。秋季東北大会の成績は春の全国選抜大会出場の参考となり、過去7年間は決勝進出両校が選抜大会に選ばれている。酒南は決勝進出を懸けた18日の準決勝で、盛岡大付(岩手1)と対戦する。

 酒南は二回に9番佐藤伶の適時打で先制し、四回には3番長嶺怜の2点適時打などで4点を追加した。投手陣は先発右腕の中西啓太郎が九回1死まで無...    
<記事全文を読む>