第135回秋季北信越高校野球大会(信濃毎日新聞社協賛)は15日、松本市野球場、諏訪湖スタジアム、上田県営の3球場で1回戦8試合を行い、県勢は長野商(長野2位)と小諸商(長野3位)がベスト8入りし、上田西(長野1位)と飯山(長野4位)はともに惜敗した。

 星稜(石川2位)と対戦した長野商は、一回に打者一巡の攻撃で7安打5得点。八回に1点差に詰め寄られながら6―5で逃げ切った。小諸商は同点に追いつかれた直後の七回、小林尚の犠飛で勝ち越すと、八回は関のソロ本塁打で追加点を奪い、3―1で坂井(福井2位)を下した。

 上田西は一回に林部の2点二塁打で先制しながら追加点を奪うことができず、福井...    
<記事全文を読む>