【山形県で本社取材班】第69回秋季東北地区高校野球大会第2日は15日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたなどで2回戦6試合を行い、本県第1代表の盛岡大付は鶴岡東(山形第3)を7-1で下し8強入りした。初出場で本県第2代表の不来方は八戸学院光星(青森第2)に0-2で敗れ、初陣を飾れなかった。

 盛岡大付は五回に植田拓(2年)の2ランで勝ち越すと七回に2点、八回にも1点を加点。12安打を放って快勝した。不来方は主戦小比類巻圭汰(2年)が2失点で力投したが、打線が散発4安打で無得点に抑えられた。

 16日は2球場で準々決勝4試合を実施。盛岡大付は4強入りを懸けて日大東北(...    
<記事全文を読む>