来春の選抜大会の重要な選考資料となる高校野球の秋季九州大会(第139回九州大会)は13日午後、開催県の大分県で組み合わせ抽選会が行われた。

  沖縄第1代表の美来工科は2回戦から登場。開幕日の22日の第2試合で(午後2時半開始予定、臼杵市民球場)で熊本工業(熊本2位)とぶつかる。第2代表の興南は同日の第1試合(午後0時開始予定、同球場)で大分商業(大分3位)と対戦する。

 大会には九州各県大会で決勝に進んだ上位2校(開催県の大分は上位4校)ずつの全18校が出場。22日から27日(25日は休養日)まで、別大興産スタジアムなどで行われる。◆投手核に粘る 美来工科の眞玉橋元博監督 初戦の...    
<記事全文を読む>