第69回秋季東北地区高校野球大会(14~19日・山形県)の組み合わせ抽選が7日、山形市で行われ、青森県勢の初戦は、第2代表の八学光星が不来方(岩手第2)、第1代表の青森山田が酒田南(山形第2)、第3代表の弘前東が横手(秋田第1)に決まった。それぞれ2回戦で対戦する。

 来春のセンバツ出場校選考の参考となる大会。東北6県の代表18校が、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたと、天童市スポーツセンター野球場の2会場を舞台に熱戦を繰り広げる。

 4大会連続のセンバツ出場を狙う光星は、県大会決勝で青森山田に敗れたが、馬場文冶や花房大晴が初戦の工大一戦で本塁打を放つなど、長打力を...    
<記事全文を読む>