第66回県高校野球秋季大会はベスト8が出そろった。来春の「センバツ」が懸かる九州大会出場まで各チームともあと2勝。大詰めを迎えている。熱戦が繰り広げられている中で、敗退したチームにも、爽やかな風を球場に吹かせた3校連合チームや延長15回引き明け再試合を戦い抜いたチームなど、好試合は多い。印象に残った試合や場面を紹介する。◆気持ち一つに“連合” 身に着けるユニホームは違っていても、選手9人の気持ちは一つだった。

 17日にコザしんきんスタジアムで行われた高校野球秋季県大会の1回戦。南部農林、南部商業、辺土名の3校が組んだ連合チームが試合に臨んだ。結果は那覇工業に七回コールド負けとな...    
<記事全文を読む>