高校野球の秋季九州大会(第139回九州大会)県予選は17日、宮崎市のKIRISHIMAひむかスタジアムで開幕する。上位2校は来春の選抜大会につながる九州大会(10月22日から大分県)に出場。甲子園の3季連続出場を目指す日南学園、昨年の主力が残る宮崎日大、日向学院、延岡学園など私学を中心に展開し、47校45チームが熱戦を繰り広げる。

 Aパートは、日南学園が抜け出ている。前チーム2年で唯一スタメンの芳賀憲伸が攻守でけん引。甲子園のマウンドに立った上野椋太は力強い直球を軸に多彩な変化球で打ち取る。都城農はシード決定戦で16得点18安打。主軸も振れている。

 Bパートは混戦か。延岡学園は...    
<記事全文を読む>