秋季四国地区高校野球県大会の地区予選は25日、西条ひうち球場など2球場で、東・中予地区代表決定戦6試合を行った。

 東予は今治北、今治北大三島、今治西の3校、中予は松山聖陵、伊予、新田の3校が勝利して県大会に駒を進め、これで出場16校が出そろった。八回コールド勝ちした伊予の西川投手はノーヒットノーラン(8回参考記録)の好投を見せた。

 県大会は28日に組み合わせ抽選会を行い、10月8日に開幕、16日に決勝を行う予定。

...    
<記事全文を読む>