秋季四国地区高校野球県大会第3日は24日、高松市生島町のレクザムスタジアムなど2球場で2回戦6試合を行った。

 夏の県大会準優勝の高松商は、最大で5点を追いかける苦しい展開で終盤に打線が奮起。7―6の逆転サヨナラで高松工を下し、16強入りした。高松西―丸亀は、序盤に先手を奪った高松西が4―2で逃げ切り、4年連続の初戦突破を果たした。このほか、エース右腕佐藤が完封した三本松や夏4強の観音寺中央、丸亀城西、土庄が3回戦に勝ち進んだ。

 第4日は25日、同スタジアムなどで2回戦6試合が行われ、ベスト16が出そろう。24日の戦績 ▽2回戦観音寺中央5―3高...    
<記事全文を読む>